錦織、2回戦で途中棄権 3年連続のアクシデント テニス

 男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは22日、ドイツのハレで行われ、シングルス2回戦で第3シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング38位のカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦したが、第1セットの2-3で迎えた第6ゲーム途中で棄権した。

 7月3日に開幕する四大大会第3戦のウィンブルドン選手権と同じ芝のコートで開催する前哨戦だったが、錦織は一昨年に左脚、昨年に左脇腹の痛みで大会途中に棄権しており、3年連続のアクシデントとなった。1回戦では世界34位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に逆転勝ちしていた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ