交流戦が全日程終了 パ・リーグの通算56勝51敗1分け

 プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は19日、最後の1試合が行われ、オリックスがDeNAに7-4で勝ち、全日程が終了した。既に8年連続で、2005年の導入から13年目で12度目となる勝ち越しを決めているパ・リーグが通算56勝51敗1分けとした。

 最高勝率チームは18日にソフトバンクが12勝6敗として史上初となる3年連続で決めていた。

 セ、パ両リーグ内の対戦は23日に再開する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧