早実・清宮が高校通算102号、103号 香川招待試合でバックスクリーン左へ2発

 春夏連続の甲子園出場を狙う早実は18日、香川・高松市のレクザムスタジアムで行われた招待試合に出場。プロ注目のスラッガー、清宮幸太郎内野手(3年)が、丸亀城西との第2試合で高校通算102、103号本塁打を放った。

 まずは四回、先頭打者で迎えた第2打席。相手右腕、大西の初球118キロをバックスクリーン左に運んだ。

 五回の第3打席は死球を受けたが、六回一死一塁の第4打席。1ストライクから相手右腕、大前の118キロを再びバックスクリーン左へ運んだ。

 前日17日は2試合で計2安打を放ったものの、本塁打は出ず。「明日は打ちます」とコメントしていただけに、有言実行となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ