ハリルJ・久保にかかる期待と課題 “恩師”菅澤氏、左足も使える指導した1年「ボール持ち替える時間を相手はくれない」

 【久保裕也の恩師激白】菅澤大我氏

 本田に代わる日本代表のエースと目されるFW久保裕也(23)=ヘント=は13日のイラク戦にフル出場したが、右足をつってノーゴールに終わった。「個人的にはいいプレーができなかったが、アウェーで勝ち点1を取れたので、ポジティブに捉えたい」。大きな期待と課題が同居した一戦だった。 (スポーツジャーナリスト 藤江直人)

 神様ジーコは日本代表監督時代、左利きのFW久保竜彦(当時横浜F・マリノス)の起用にこだわったことがある。

 「左利きのFWは希少価値だ。ボールを持つだけで相手の脅威になる」

 ジーコの説明を裏返せば、右利きのFWは右足だけでは生き残れないということでもある。指導者に転身した1996年から、菅澤は右利きのFWに対して、ストレスを感じることなく左足も使える指導を巧みに施してきた。

 東京ヴェルディのジュニアユース時代は森本貴幸(川崎フロンターレ)に、京都サンガU‐18時代は久保裕也(ヘント)に。本人に特に意識させることなく、左足の練習メニューを混ぜ込んだ。

 「ゴール前で左足から右足へボールを持ち替える時間を相手は絶対に与えてくれない。それならば左足でシュートを打つときに、一瞬たりともネガティブな要素が入らないようにする。ただ、居残り練習はさせるけれど、猛特訓というのは僕自身が嫌だった。毎日100の力で練習させれば飽きるし、けがをするリスクも高まってくるので」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ