日本ハム・横尾、愛称は“おにぎり君” 人生初の捕手での練習開始

 “おにぎり君”こと日本ハム・横尾俊建内野手(24)が16日、出場選手登録され、1軍に昇格。人生初経験という、捕手での練習を開始した。

 この日に第3捕手の石川が登録抹消。捕手2人制となったため、捕手を使い切った場合や、緊急時の対策として、横尾が指名された。身長1メートル77、体重90キロのずんぐりむっくりの体形で、白井内野守備走塁コーチや中田から“おにぎり君”と呼ばれる24歳は、プロテクターやレガーズを装着し、高橋バッテリーコーチの指導の下、捕球練習を行った。「やっぱり難しいですよ。でも、チームに何かあったときに力になれればいい」と横尾。栗山監督は起用がないことを祈りながら、「いろいろ考えています」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ