広島が40勝一番乗り!オリに3連勝! 一回一挙5点&岡田7勝目

 (セ・パ交流戦、広島7-2オリックス、3回戦、広島3勝、15日、マツダ)交流戦首位の広島が一回に5点を奪う猛攻で、逃げ切り勝ち。オリックスに3連勝で、両リーグ通じて40勝一番乗りとなった。先発・岡田は6回7安打2失点で7勝目(2敗)を挙げた。オリックスは4連敗。

 広島は一回、先発のオリックス・ディクソンの立ち上がりを攻め立て、無死一、二塁から丸が左中間へ先制の2点二塁打を放つと、二死二塁でエルドレッドが右前適時打。さらに二死一塁で安部が右中間へ1号2ランを放ち、この回5点を奪った。オリックスは四回、無死一塁からロメロが左中間へ10号2ランを放ったが、広島は六回、エルドレッドが左越え16号ソロ。八回に会沢が右前適時打でダメを押した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ