楽天が一回に3点 ペゲーロが先制二塁打

 (セ・パ交流戦、ヤクルト-楽天、1回戦、13日、神宮)楽天自慢の1、2番コンビが機能した。一回、先頭の茂木が左腕・石川から右中間三塁打を放つと、続くペゲーロが左翼線適時二塁打。9球で1点を先制した。

 ペゲーロは4番・ウィーラーの打席で今季初盗塁となる三盗。この後、一死二、三塁とすると、5番・島内は投ゴロ。それでも、松井稼が右中間へ適時三塁打を放ち、2点を追加。この回一挙3点を奪った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ