修造氏、錦織へ贈る言葉は崖っぷち大好き 「それを乗り越えれば、本当の一番強い圭に出会える」 全仏テニス

 テニス・全仏オープン第11日(7日、パリ)男子シングルス準々決勝で、世界ランキング9位で第8シードの錦織圭(27)=日清食品=が世界1位で第1シードのアンディ・マリー(30)=英国=と対戦。日本男子では佐藤次郎以来、84年ぶりの4強入りに挑む。過去の対戦成績は錦織の2勝8敗と分が悪いが、フルセットの末に逆転勝ちした昨年の全米オープン準々決勝の再現を狙う。

 大会を中継するWOWOWで解説を務める元テニス選手の松岡修造氏(49)は試合前、「センターコートを錦織がどう味方につけるか。なるべくドライでやって、ハードコートに近い、バウンドが弾む方が錦織にとっては球足が速くなる」と推測。コートに水をまくコートキーパーに「どこまで水まくんだ!」と熱く語った。

 また「崖っぷち大好き」というフレーズを錦織に送り、「1回戦からずっと崖っぷち。何度も落ちそうになった。そういう状況を乗り越えた圭はスーパーゾーン圭に入れている。崖っぷち状態はきょうは一番急。それを乗り越えれば、本当の一番強い圭に出会える。一言いいたい、戦え!マリーのファイトに負けるな」と期待を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ