宮里藍にコーチ就任要請へ 五輪競技対策本部

 ゴルフの五輪競技対策本部の倉本昌弘強化委員長は7日、今季限りでの現役引退を表明した宮里藍に2020年東京五輪の女子担当コーチ就任を要請する方針が決まったと明らかにした。要請時期は出場試合が全て終わった後となる。

 倉本委員長は東京都内で行われた日本協会の理事会後に「五輪競技対策本部の総意。反対する人はいない」と述べた。同本部は、アマチュアを統括する日本協会と男女のプロ団体の代表で構成されている。

 昨年のリオデジャネイロ五輪の日本代表は丸山茂樹ヘッドコーチが男女とも担当。同コーチは留任しており、倉本強化委員長は「丸山君が男子だけを見るか総合的なコーチになるのかはさておき、宮里さんには女子をお願いしたい」と話した。

 宮里藍は6日に「選手として、とにかく今年頑張ってその先を考えたい」と語っていた。17歳のアマチュアだった02年に釜山アジア大会で個人金メダル、団体銀メダルを獲得した実績がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ