錦織、逆転で2年ぶり8強!「ちょっとずつ自信ついている」 全仏オープン

 テニス・全仏オープン第9日(5日、フランス・パリ)男子単4回戦で世界ランキング9位の第8シード、錦織圭(27)=日清食品=は同37位のフェルナンド・ベルダスコ(33)=スペイン=に0-6、6-4、6-4、6-0で逆転勝ちし、2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。錦織は四大大会で7度目の8強入りとなり、男子の故佐藤次郎と女子の伊達公子(エステティックTBC)の6度を抜いて日本勢単独最多となった。準々決勝では第1シードのアンディ・マリー(30)=英国=と対戦する。

 苦しい闘いを勝ちきった。勝利が決まると、錦織は両手を突き上げ、右手を振って喜んだ。

 「深く返そうとしていたら、ちょっとずつボールがラケットに乗る感覚が出てきた」

 前日4日、2日がかりの3回戦をフルセット勝ち。4回戦へ「しっかり回復したい」としていたが、序盤はまるで体が動かなかった。重心を落としたショットを打てず、得意のストローク合戦でも相手に押されるまま。1ゲームも取れず、第1セットを奪われた。

 「0-6で取られて気持ちが落ちたが、攻めの形に変えるように意識した」。それが功を奏し、粘り強いプレーで徐々に自分のショットを取り戻した。一進一退の攻防の末、第2、第3セットを連取すると、第4セットは6-0と圧倒。「ちょっとびっくり」と口にしたが、3回戦の後に「試合中に修正できるのが自分の強み」と語っていことを、自ら証明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ