修造氏、錦織は「本当によくやった。どんだけきつかったか」 マリー戦は「とんでもないことが起きる」/全仏テニス

 テニス・全仏オープン第9日(5日、パリ)男子シングルス4回戦で、世界ランキング9位の第8シード、錦織圭(27)=日清食品=が世界37位のフェルナンド・ベルダスコ(33)=スペイン=を0-6、6-4、6-4、6-0で逆転勝ちし、2年ぶり2度目の準々決勝進出を果たした。次戦は世界1位の第1シード、アンディ・マリー(30)=英国=と対戦する。過去の対戦成績は錦織の2勝8敗と負け越している。

 大会を中継するWOWOWで解説を務めた元プロテニス選手の松岡修造氏(49)は、「僕は甘いといわれても仕方ないけど、これは本当によくやった。どんだけきつかったか。あきらめようと思えば、いくらでもあきらめるところがあった」と1ゲームも奪えなかった第1セットから逆転したことを絶賛した。

 今季は優勝もなく、故障で大会を欠場することもあった錦織。松岡氏は「今季に入って、本当に暗いトンネルに入った圭がいた。トンネルを抜けるには動いて動いて、信じて動き回るしかない。まさにそれをきょうやった。抜け出した圭はテニスも強い、メンタルも強い」と強調。準々決勝のマリー戦は「とんでもないことが起きると思う。これだけ苦しいものから抜け出したのだから」と熱く語っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ