錦織、逆転勝ちの要因は「苦しい体勢でもしっかり深いところに返せた」 全仏テニス

 テニス・全仏オープン第9日(5日、パリ)男子シングルス4回戦で、世界ランキング9位の第8シード、錦織圭(27)=日清食品=が世界37位のフェルナンド・ベルダスコ(33)=スペイン=を0-6、6-4、6-4、6-0で逆転勝ちし、2年ぶり2度目の準々決勝進出を果たした。次戦は世界1位の第1シード、アンディ・マリー(30)=英国=と対戦する。過去の対戦成績は錦織の2勝8敗と負け越している。

 試合後の錦織との一問一答は以下の通り。

 --2セット以降、どう立て直した

 「このままいくと簡単にやられてしまうと思ったので、1球でも深く返すことを意識した。最初から彼(ベルダスコ)のペースで、ずっとフォアで左右に振られてディフェンスばかりになっていたので、攻めの形に変えられるように意識した」

 --第4セットは6-0

 「最後はビックリしたけど、少しずつボールがラケットに乗ってくる感覚が徐々に出てきた。苦しい体勢でもしっかり深いところに返せたことが2、3セットを取れた要因」

 --マリー戦へ向け

 「アンディとはタフな試合になる。最後は自分も調子が上がってきたので、素晴らしい試合をしたい。しっかり回復して次もがんばります」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ