錦織圭を苦しめたチョン・ヒョンとは? SNSに「韓国がなぜ植民地支配に遭ったのかが分かる試合だった」

 パリのローランギャロスで開催中のテニスの全仏オープン男子3回戦で4日、世界ランキング9位の第8シード、錦織圭(日清食品)=(27)=が2日がかりの試合を制して、4回戦にコマを進めた。悲願の四大大会初制覇を目指す錦織を最後まで苦しめたのは、世界ランキング67位で「韓国テニス界の星」と称される鄭現(チョン・ヒョン)。メガネがトレードマークの21歳は、いったいどんな選手なのか-。

 テニスの四大大会で“日韓戦”が行われたのは史上初めてという。第1、第2セットを落とした鄭現は、第3セットをタイブレークの末ものにすると、続く第4セットも3-0とリードした。

 第4セット途中で雨が降り出し、試合が一日順延されて流れが変わったが、鄭現自身が「3日に試合を続けていたら、どうなっていたのだろうかという無念さはある」と言うように、番狂わせがあってもおかしくない展開だった。

 鄭現は1996年5月19日、韓国・水原で生まれた。父親は元テニス選手で、現在は高校でテニスを教えているという。家の中にあったテニスラケットやボールをおもちゃにしていた鄭現は、自然に兄と家の前で“試合”をするようになった。

 現在は「プレーがファンタスティックで、とてもメンタルが強いから」と世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を敬愛する鄭現だが、当時はテレビで見ていたロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)の試合を兄弟で真似していたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ