錦織、「ラッキー」16強!前日恵みの雨で腰の痛み回復 全仏テニス

 テニス・全仏オープン第8日(4日、フランス・パリ)世界ランキング9位の第8シード、錦織圭(27)=日清食品=は前日3日に第4セット途中で雨天順延となった同67位の鄭現(チョン・ヒョン、21)=韓国=との男子単3回戦に、7-5、6-4、6-7、0-6、6-4で勝利。3年連続でベスト16入りした。4回戦では同37位のフェルナンド・ベルダスコ(33)=スペイン=と対戦する。

 前日と打って変わって爽やかに晴れた空が、錦織の心身とシンクロしているかのようだった。

 「すごくタフな試合。気持ち的につらかったけれど、諦めずにプレーできた」

 2日がかりの試合を制した錦織が息をついた。

 0-3から再開した第4セットはそのまま奪われたが、最終第5セットで本来のプレーが戻ってきた。ベースライン近くを突く深いショットで相手をくぎ付けにしたうえで、左右に振って走らせる。5-3の第9ゲームをブレークバックされるなど最後までてこずったが、第10ゲームをブレークして勝利を決めた。

 前日はIMGアカデミーの後輩にあたる鄭から2セットを先取したが、第3セットをタイブレークで落とすと、第4セットは第1、第3ゲームを続けてブレークされて0-3に。ラケットをたたきつけて壊し、主審から警告を受けた。「イライラはたまっていました」。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ