錦織、3年連続16強入り 4回戦は世界37位のフェルナンド・ベルダスコと対戦

 テニスの四大大会第2戦、全仏オープン第8日は4日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルスで世界ランキング9位の第8シード、錦織圭(日清食品)は前日に第4セット途中で雨天順延となった世界67位の鄭現(韓国)との3回戦で、7-5、6-4、6-7、0-6、6-4で勝ち、3年連続でベスト16入りした。4回戦では世界37位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。

 10度目の優勝を狙うラファエル・ナダル(スペイン)は4回戦を突破し、準々決勝に進んだ。第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は敗れた。

 女子ダブルスの日比野菜緒(ルルルン)アリシア・ロソルスカ(ポーランド)組は3回戦で敗退した。

 3日の男子シングルス3回戦では第1シードのアンディ・マリー(英国)が第29シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)を下し、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)とともに4回戦に進んだ。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ