錦織、中断前にラケット破壊 「イライラはたまっていました」 全仏テニス

 テニス・全仏オープン第8日(4日、パリ)男子シングルスで、世界ランキング9位の第8シード、錦織圭(27)=日清食品=は、前日に第4セット途中で雨天順延となった3回戦で、世界67位の鄭現(21)=韓国=を7-5、6-4、6-7、0-6、6-4で下し、3年連続でベスト16入りした。4回戦では世界37位のフェルナンド・ベルダスコ(33)=スペイン=と対戦する。

 中断前は苦戦で、ラケットをコートにたたきつけて壊すなど頭に血が上っていたが…。苦戦を振り返った。

 --メンタル面での戦いでもあった

 「雨が降ってメンタル的に回復する時間はあったので、今日はなるべく気持ちを切り替えて。(鄭は)守っていても勝てない選手。ストロークが安定していて、崩しにかからないと崩せない選手だったので、思い切って攻撃的にプレーできたのが勝因だと思います」

 --ラケットを壊したのはグランドスラムでは初めてではないか

 「シンプルにセットを落としたのと、2回ブレークされたので、イライラはたまっていました」

 --ベルダスコとの4回戦へ、リフレッシュの方法などは

 「試合内容を見てないですが、強い選手を破って勝ち上がってきている。去年もやっていて、クレーでやっぱり強い、しぶとい選手。それプラス、フォアの攻撃力がある。辛抱しながら戦わなければならない選手だと思う。なるべくきょう、しっかり回復して臨みたいです」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ