錦織、順延は恵みの雨!「痛みもあったので、回復につながった。運も傾いたのかな」

 テニス・全仏オープン第8日(4日、パリ)男子シングルス3回戦で、第8シードの錦織圭(27)=日清食品=が、世界ランキング67位の鄭現(21)=韓国=を7-5、6-4、6-7、0-6、6-4で下し、3年連続のベスト16入りを果たした。4回戦では同37位のフェルナンド・ベルダスコ(33)=スペイン=と対戦する。

 錦織は3日、競り合いの末に2セットを連取。第3セットはタイブレークの末に落とした。第4セットは2度、鄭にブレークを許し、0-3で雨のため中断し、4日に順延となっていた。

 試合後の錦織との一問一答は以下の通り。

 --試合を振り返って

 「すごくタフな試合だった。気持ち的につらかったが、最後はあきらめずにプレーできた」

 --どのような気持ちで試合に臨んだ

 「しっかりリターンに集中して、5セット目は自分らしいプレーができた」  

 --恵みの雨になった

 「どちらかというとラッキーもあった。痛みもあったので、回復につながった。運も傾いたのかな」

 --ベルダスコ戦へ

 「クレーでとても強い選手。しっかり回復して臨みたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ