錦織、大苦戦の1回戦との違いは「自分から攻めていけた」/全仏テニス

 テニス・全仏オープン第5日(1日、パリ)男子シングルス2回戦で、第8シードで世界ランキング9位の錦織圭(27)=日清食品=が、同74位のジェレミー・シャルディー(30)=フランス=を6-3、6-0、7-6で下し、3年連続で3回戦進出を果たした。

 試合後の錦織との一問一答は以下の通り。

 --試合を振り返って

 「内容はすごくよかった。第3セットは3-0から巻き返されたのはよくなかったけど、それ以外はほぼ完璧だった。ポジティブなところがきょうは多かった」

 --攻撃的なプレーが目立った

 「自分から攻めていけたのが1回戦と違った。ビッグサーバーで打ってくる選手だったけど、それに負けず、守りだけにならずプレーするように心がけた」

 --3回戦へ向けて

 「調子はよくなってきている。しっかり準備してがんばりたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ