錦織圭を苦しめたコッキナキス サービスエースは11個 全仏テニス

 コッキナキスが初顔合わせの錦織を苦しめた。11個のサービスエースを奪い、球速が大幅に落ちる相手の第2サーブを次々とたたいた。徐々にミスが増えて逆転負けを喫したが、好プレーで見せ場をつくった。

 2015年の全仏で10代ながら3回戦に進出。自己最高の世界ランキング69位をマークしたが、右肩の手術で長期離脱した。公傷制度で出場した21歳の有望株は「(第2セットから)錦織はレベルを上げ、自分は身体的に大きく落ちた。体の状態があと5~10パーセント良かったら、試合は変わっていたかもしれない」と悔しがった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ