宮里藍が現役引退へ 女子ゴルフの元世界1位 日本プロツアーけん引

 女子ゴルフの元世界ランキング1位で“藍ちゃん”の愛称で人気を博す宮里藍(31)が26日、今季限りで現役を退く意向を表明した。マネジメント会社を通じ、29日に記者会見を開くと発表した。2006年から本格参戦した米ツアーで岡本綾子の17勝に次ぐ9勝を挙げ、2010年には世界ランキング1位に立った。

 沖縄県出身で兄の聖志と優作もプロのゴルフ一家。宮城・東北高校3年だった03年9月に日本ツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子を当時のツアー最年少の18歳で制覇した。

 プロに転向し、05年の日本女子オープン選手権を制するなど第一人者としてけん引。主戦場を米ツアーに移すと09年のエビアン・マスターズで初優勝を果たし、10年には年間5勝を挙げた。ただ、近年は振るわず優勝は12年が最後。念願だったメジャー制覇には届かないまま一線を退く決断を下した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ