野村敏京が65位 上原彩子らは予選落ち キングズミル選手権第2日 米女子ゴルフ

 米女子ゴルフのキングズミル選手権は19日、バージニア州ウィリアムズバーグのキングズミル・リゾート(パー71)で第2ラウンドが行われ、野村敏京は4バーディー、1ボギーの68と伸ばし通算イーブンパー、142で111位から65位に上がった。

 16位スタートの上原彩子は2バーディー、5ボギーの74で通算1オーバーに後退し決勝ラウンドに進めなかった。横峯さくらは2バーディー、1ボギー、1ダブルボギーで連日の72で2オーバー、畑岡奈紗は3バーディー、4ボギーの72で4オーバーとして予選落ち。

 前日に続き6バーディーの65で回ったレキシー・トンプソンが首位、ジュリーナ・ピラー(ともに米国)が3打差の2位となった。世界ランキング1位のリディア・コ(ニュージーランド)がさらに1打差。

 ■野村敏京の話「ショットも良かったが、パットが一番良く、大きなミスもなかった。(第3日は)天気が悪そうだけれども、それはそれで(合わせて)いく」 ■上原彩子の話「ショットが良くなく、パットもなかなか入ってくれなかった。パット数は前日が26で、今日は32(大会記録では33)。その差がスコアに出ていると思う」

 ■横峯さくらの話「(最終ホールで落として予選落ちが決まり)すごく悔しい。もうちょっとできた。(雷雨による中断は)私にとってあまり良くなかった。パットのフィーリングが合わなくなってしまった」

 ■畑岡奈紗の話「いいパットと悪いパットの差が激しかった。ショットは飛距離が戻り、だいぶ良くなってきているので、気持ちを強く持ち、粘り強いゴルフをしたい」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧