遼、池ポチャで2年ぶりダブルパー…出遅れ122位 米男子

 米男子ゴルフ・AT&Tバイロン・ネルソン第1日(18日、米テキサス州アービング、TPCフォーシーズンズ・リゾート=7166ヤード、パー70)2戦ぶり出場の石川遼(25)=CASIO=は距離の短い11番(323ヤード、パー4)で「8」をたたくなど5オーバー75と崩れ、122位と出遅れた。ジェームズ・ハーン(35)とリッキー・バーンズ(36)=ともに米国=が6アンダー64で首位。

 イーブンパーで迎えた1オンを狙える11番(パー4)で石川に悲劇が起きた。ティーショットを池に打ち込むなどグリーンまでに6打。最後は60センチのパットが決まらず、2年ぶりにダブルパー「8」をたたき122位。「すごくいいスイングで、一番のショットだった。だけど池に入ったらどうにもならない」と肩を落とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧