宇野、合計点で羽生超えも「特に何も思いません」

 フィギュアスケート・世界国別対抗戦第2日(21日、東京・国立代々木競技場)ペアショートプログラム(SP)、アイスダンスフリー、男子フリーが行われ、第1日に1位発進した日本は、前日の男子SPで7位だった世界選手権王者の羽生結弦(22)=ANA=がフリーで200・49点。今季3度目の200点超えとなる高得点をマークし、今季最後の試合で1位となった。SP1位の宇野昌磨(19)=中京大=が198・49点で2位となり、チーム得点を伸ばして首位をキープした。2位は米国、3位にはロシアがつけた。

 宇野は演技後、「今季初めには考えられないくらい上の方で戦えているけど、まだトップじゃない。ここでとどまらずに成長していきたい」とフリー2位に満足していなかった。後半に組み込んだ4回転フリップのコンビネーションジャンプでバランスを崩してしまい、「まだまだやる回数が少なくて、何が悪いか分からないくらいの失敗だった」と反省した。

 前日のSP103・53点とこの日のフリーを合わせて302・02点。羽生の合計284点を大きく上回ったが、「特に何も思いません」と一言。尊敬する先輩の背中を追い続ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ