浅田真央引退表明 悲運の女王 伝説に幕 真央ちゃん、国民的スター

 引退を表明したフィギュアスケート元世界女王、浅田真央(26)は、超一流のアスリートであると同時に「真央ちゃん」と親しみを込めて呼ばれる国民的なスターでもあった。「お疲れさまと言ってあげたい」。14歳で世界ジュニア選手権を制し、数々のタイトルを手にした天才少女は、多くのファンに惜しまれながらスケートシューズを脱いだ。

 「百点満点の出来。最初は緊張があったけど、トリプルアクセルの前にはなくなっていた。アクセルを決めたかったのでうれしい」

 2005年、カナダ・キッチナーで開かれた世界ジュニア選手権で、浅田は当時、男子でも難しいとされた3回転半ジャンプ「トリプルアクセル」を決めて優勝した。翌06年にはシニアのビッグタイトル「グランプリファイナル」、08年には世界選手権で初優勝し一躍、世界のトップの座に。

 ジャンプだけでなく、華麗なステップや美しいスピンなどで、今に続く日本フィギュア全盛期の先駆けとなった。一方、愛らしい表情や真摯な語り口で親しまれ、テレビのCMなどにも多く出演した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ