井上尚弥のV5戦発表 「今まで以上に下半身を強化してきた] BOX

 プロボクシングの大橋ジムは4日、5月21日に東京・有明コロシアムでダブル世界戦を行うと発表した。メーンでは、WBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(23)=大橋=は5度目の防衛戦で、同級2位のリカルド・ロドリゲス(27)=米国=ワタナベ=と対戦する。

 セミでは、IBF世界Lフライ級王者の八重樫東(34)=大橋=が、同級暫定王者のミラン・メリンド(29)=フィリピン=との王座統一戦に臨む。

 5度目の防衛戦に臨む井上は「今まで以上に下半身を強化してきたので、力強い試合ができる」と自信たっぷりに話した。3度目の防衛戦を迎える八重樫は「調整は順調。前から対戦するのは分かっていたので、対策もしっかりできている」と落ち着いて表情で話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ