金久保優斗は投球練習で手応え 東海大市原望洋のエース右腕 センバツ

 東海大市原望洋のエース金久保は「昨日から気持ちが入っていたけど(順延は)仕方ない。真っすぐと変化球を納得いくまで投げました」と、約30球の投球練習で手応えを感じた様子だった。

 180センチの長身から投げる140キロ台後半の直球とスライダーが武器。滋賀学園の試合のビデオを見て、各打者が外角に弱いイメージがあるという。「スライダーを使って外を攻め、失点ゼロでいきたい」と意気込んでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧