創志学園が“お手玉”練習で集中 長沢監督「1回で成功した」 センバツ

 創志学園は練習の冒頭で、一風変わった“お手玉”練習を行った。輪になった18人が18個のボールを右回り、左回りと同時に手渡していき、長沢監督は「メンタルのトレーニングで毎日やっている。いつも失敗するのに、1回で成功した。きょうはとても集中していた」と説明した。

 エース難波はブルペンで約50球投げ、7種類あるという変化球の調整を行った。「思ったところに投げられた。調子はいい」とリラックスした表情だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ