阪神・岩田、開幕ローテ黄信号…五回二死から踏ん張れず5回4失点

 (オープン戦、ロッテ6-3阪神、20日、ゾゾマリン)開幕ローテーション確定とはいかなかった。それどころか、ローテ争いでやや後退か。先発した岩田は5回を5安打4失点(自責3)と、ピリッとしなかった。

 「納得していない。抜け球が多くてそこを修正できなくて、五回に出てしまった」

 立ち上がりは持ち味のゴロを打たせて取った。三回に二死三塁から鳥谷の適時失策で1点を失ったが、四回まで1失点で粘った。だが、五回だった。二死から3番井口に四球を与え、そこからパラデス、井上の連打に暴投も加わり、3失点。瀬戸際で踏ん張り切れなかった。

 「四球がすごいもったいなかった。点を取ってもらった後だったので」と反省。香田投手コーチも「3アウトまで気を抜かないで投げてほしい」と厳しい言葉をかけ、開幕ローテ争いについては「何が起こるかわからないから、準備はしてもらわないと」と、微妙な言い回しだった。

 0勝3敗に終わった昨年の悔しさを晴らしたい今季。開幕までに状態を上げ、ポジションをつかみ取りたい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧