宮原知子、けがの影響で世界選手権欠場 五輪出場「3」枠獲得厳しい状況に

 日本スケート連盟は20日、フィギュアスケート女子のエース、宮原知子(関大)が左股関節のけがの影響で29日開幕の世界選手権(ヘルシンキ)を欠場すると発表した。世界選手権には来季の平昌五輪の国別出場枠が懸かっており、日本女子は最大の3枠獲得へ厳しい状況に立たされた。

 全日本選手権3連覇中で、グランプリ・ファイナルも2季連続2位の宮原は、2月に左股関節の疲労骨折が発表され、同月の四大陸選手権と札幌冬季アジア大会を欠場。世界選手権出場を目指してきたが、関係者によると痛みで満足な練習ができなかった。

 世界選手権には、ともに初出場となる四大陸選手権優勝の三原舞依(神戸ポートアイランドク)と全日本選手権2位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)に加え、宮原の代わりに本郷理華(邦和スポーツランド)が繰り上がりで出場する。上位2人の順位の合計が「13以内」であれば五輪の出場枠3を確保できるが、「14~28」だと2枠にとどまる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧