野村敏京が5打差30位 宮里藍、畑岡奈紗は予選落ち ファウンダーズ・カップ第2日

 米女子ゴルフのファウンダーズ・カップは17日、アリゾナ州フェニックスのワイルドファイアGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、野村敏京が5バーディー、1ボギーとして連日の68で通算8アンダー、136に伸ばし30位となった。3バーディーで69の上原彩子は7アンダーで40位。

 横峯さくらは5バーディー、Iボギーの68と伸ばし通算6アンダーで54位、3バーディー、2ボギーの71だった宮里美香は5アンダーの67位となった。11位から出た宮里藍は1バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの74と崩れて4アンダーで予選通過に1打及ばなかった。1イーグル、2ボギーで72の畑岡奈紗は3オーバーに終わった。

 アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)とステーシー・ルイス(米国)が67をマークし通算13アンダーで首位に並んだ。

 ■野村敏京(30位)の話「パットが良くて、ショットもまあまあ。パー5でバーディーが取れていないので、そこは良くなかった。でもトータル8アンダーは悪い位置じゃない。週末も楽しく頑張る」

 ■上原彩子(40位)の話「前半はパットが入らず、我慢のゴルフだった。でも折り返して2番でようやくバーディーが来てくれた。そこからいい流れにできた。内容はいいので、あと2日はいっぱいバーディーを取りたい」

 ■横峯さくら(54位)の話「チャンスは多かったけど、決めきれないパットが多かった。もっといけたと思う。4つ伸ばせているけど、上を見ているともっとスコアの出るコース」

 ■宮里美香(67位)の話「いいショットが数えるほどしかなかった。後半に2つのバーディーで取り戻せて良かったが、このコースはスコアが出るので1アンダーだとオーバーパーに近い感じ」

 ■宮里藍の話「パットが入らず全然チャンスを生かせなかった。2番で短いバーディーパットを外したのが、流れを切らせた原因かなと思う。タッチはそこまで悪くないけど、読みがいまいちだった」

 ■畑岡奈紗の話「ショットが良くなってバーディーチャンスにつけたのに、それを決めることができなかった。カップに蹴られたりしたのが何度もあって、悔しいホールがありすぎた。今週の反省を生かして、次戦は良いプレーがしたい」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ