本田、女子SPで2位 世界ジュニア選手権 フィギュア

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は17日、台北で行われ、女子ショートプログラム(SP)で2連覇を目指す本田真凛(大阪・関大中)は68.35点で2位につけた。

 ジュニアグランプリ(GP)ファイナル3位の坂本花織(神戸FSC)は67.78点で3位、昨季4位の白岩優奈(関大KFSC)は62.96点で5位。ジュニアGPファイナル女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が70.58点で首位に立った。

 ■本田真凛の話

 「去年よりも緊張感なく、会場の雰囲気を楽しみながら演技できた。(昨季女王の)プレッシャーを全て振り払って、初心に戻ったことが良かった」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧