男子は川内&井上&中本、女子は安藤&清田&重友 世界選手権代表決定 マラソン

 日本陸連は17日、東京都内で理事会を開き、8月のロンドン世界選手権マラソン男女代表6人を決定した。男子は昨年12月の福岡国際で2時間9分11秒で3位だった“公務員ランナー”川内優輝(30)=埼玉県庁、2月の東京で2時間8分22秒で8位に入り、選考会トップの記録をマークした井上大仁(24)=MHPS、2月の別府大分毎日を2時間9分32秒で制した中本健太郎(34)=安川電機=が選出された。

 女子は今月12日の名古屋ウィメンズで日本歴代4位の2時間21分36秒をマークし、初マラソン日本最高で2位に入った安藤友香(23)、2時間23分47秒で3位だった清田真央(23)=ともにスズキ浜松AC、1月の大阪国際女子を2時間24分22秒で優勝した重友梨佐(29)=天満屋=が選ばれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ