明徳義塾・馬淵監督、清宮対策に「負けるという場面なら敬遠しますよ」 センバツ

 第89回選抜高校野球大会(3月19日開幕甲子園)の組み合わせ抽選会が10日、大阪市内で行われ、注目の清宮擁する早実(東京)は大会第5日の第2試合で明徳義塾(高知)と対戦することが決まった。

 かつて甲子園で星稜の松井秀喜(巨人、ヤンキースなど)に対して5敬遠を指示した馬淵監督は「全打席は考えていないが、終盤勝っていて、清宮にホームランを打たれたら負けるという場面なら敬遠しますよ」と語った。

 「向こうは優勝候補でプレッシャーがある。こっちはない。ロースコアの試合にはならんでしょう。ワクワクしてきた」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧