宮里優が首位 男子ゴルフ第2日

 レオパレス21ミャンマー・オープン第2日は27日、ヤンゴン、パンラインGC(7103ヤード、パー71)で行われ、10位から出た宮里優作が7バーディー、ボギーなしの64をマークして通算11アンダー、131で首位に立った。

 3打差の2位にキース・ホーン(南アフリカ)。さらに1打差の3位に井上信と金庚泰(韓国)がつけた。65で回った川村昌弘が通算6アンダーで松村道央らとともに5位。昨年12月の最終予選会を首位で突破した20歳の星野陸也は通算5アンダーで、初日トップの矢野東らと12位で並んだ。谷原秀人はイーブンパーの51位に後退した。

 通算1オーバーまでの75人が決勝ラウンドに進み、昨季賞金王の池田勇太は1打及ばず予選落ちした。(出場148選手=アマ5、晴れ、気温31・0度、東南東の風1・5メートル)(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ