シニアは1増の18試合 賞金総額は6年連続アップ ゴルフ

 日本プロゴルフ協会は17日、東京都内で開いた理事会後に昨年より1増となる18試合の今季シニアツアー日程を発表した。開幕戦は4月20日からで、最終戦は11月26日に閉幕する。

 賞金総額は6年連続で増え、昨年より6800万円多い8億7500万円となった。過去最高額は1991年の9億532万5千円。日本シニアオープン選手権は9月14日から福岡県のザ・クラシックGCで、日本プロシニア選手権住友商事サミットカップは10月5日から茨城県のサミットGCで行われる。

 倉本昌弘会長は「選手と観衆の距離が近いなど、今年もシニアツアーの良さを強調していきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ