金田正一氏、日本ハム・大谷の“二刀流”をバッサリ「一本にせい!」

 野球評論家、金田正一氏(83)が8日朝放送のTBS系「サンデーモーニング 新春SP」内のコーナー「週刊・御意見番」にゲスト出演。3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に日本代表に選出された日本ハム・大谷翔平投手(22)の“二刀流”について持論を展開した。

 コーナー冒頭でWBCに出場する日本代表について話題を振られた金田氏は「選ばれた人が責任持って勝て」とエール。司会の関口宏(73)から「勝つためにどうしたらいいですか」と尋ねられると、「一生懸命にやることですよ」と端的にアドバイスした。

 日本代表入りが正式に決まった大谷には「素晴らしい選手ですね」と一言。関口から「カネやん(金田氏)を抜きますか」と聞かれると、「抜くでしょう。真面目に一本に絞ってやれば」と“二刀流”ではなく、投手、野手のどちらかに絞るべきとの考えを示した。さらに「野球っていうのは恐ろしい、怖いスポーツですから。ピッチャーは(バッターの)すぐそばで投げていて…。私はピッチャーライナーが怖くて、あれに対応するためにあんなに良いピッチャーに育った」と経験談を交えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧