宮里藍、トークショーで「学校の先生になりたかった」と告白

 女子ゴルフの宮里藍(31)が7日、千葉・レイクウッド総成CC で開催された用具使用契約するブリヂストンスポーツ社の「ファンフェスタ」に参加した。

 4季連続で未勝利に終わった藍は、今季を振り返って「もう少しできた。6月までは初日に首位に立ったりと良かったが、後半戦につなげられなかった」と精神面のもろさを反省。シーズン終盤には腰痛を発症するなど肉体的にもきつかった。

 腰の治療に専念するため来季開幕戦には出場せず、第3戦のホステスプロとして臨む「ホンダLPGAタイランド」(2月23~26日)からの出場を予定している。

 2年連続でイベントに参加した藍は、プロアマ戦やレッスン会でファンと交流。トークショーではゴルフをやっていなかったらどんな職業についていたかの質問に「学校の先生になりたかった。中学校の教員免許をとったりして。教科? 数字はめっぽう苦手なので、国語か体育の先生でしょうね」と笑顔だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ