腰痛に気を配る宮里藍 「最後までプレーできた」と笑顔 米女子ゴルフ

 宮里藍は「最後までプレーできた。良かった」と24位にも笑顔を浮かべた。10月に1度、棄権の原因にもなった腰痛に気を配りながらのプレー。「前日よりちょっと硬かった」そうで、ラウンド中にも伸ばすしぐさを何度か見せた。

 そんな中で「不思議なもので前日よりタイミングは合っていた」とショットは好調で、1番から2連続バーディーを奪った。しかしその後はパットが思ったように決まらず、短い距離でもカップに蹴られるなど一進一退。「4つくらいは伸ばせる内容だった」と悔しがった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ