井上尚弥と河野公平が12月30日に対戦 ボクシング

 プロボクシングの大橋ジムは9日、12月30日に東京・有明コロシアムでトリプル世界戦を行うと発表。WBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(23)=大橋=は4度目の防衛戦で、前WBA世界Sフライ級王者の河野公平(35)=ワタナベ=と対戦する。

 井上はWBC世界Lフライ級を含めて7度目の世界戦で、日本選手と対戦するのは初めて。井上は「前回の試合を見たけど、非常にタフな選手という印象。一方的な試合をしてKO勝ちしたい」と冷静に話した。

 今年8月に王座から陥落し、4カ月ぶりの再起戦で王座返り咲きを狙う河野は「もう一度世界挑戦ができるので、一気にテンションが上がった。試合のことだけ考えて、いい結果を残したい」と意気込んだ。

 一方、IBF世界Lフライ級王者の八重樫東(33)=大橋=は2度目の防衛戦。対戦相手は未定で今後発表される。また、WBO世界バンタム級7位の井上拓真(20)=大橋=は、同級王者のマーロン・タパレス(24)=フィリピン=に挑戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ