日本ハム、バースが“神ってる”活躍! シリーズ3勝&第6戦で適時打

 SMBC日本シリーズ第6戦(広島4-10日本ハム、日本ハム4勝2敗、29日、マツダ)日本ハムは、アンソニー・バース投手(28)が日本シリーズで、投打で貢献した。チーム4勝のうち3勝を挙げ、この日は満塁のチャンスで打席に立ち、リードを広げる適時打を放つなど、まさに“神ってる”活躍だった。

 2連敗で迎えた本拠地札幌ドームでの第3戦に、バースは延長十回に登板。1回を無失点に抑え、大谷のサヨナラ打を呼び込んだ。第5戦では九回に登板し、無失点に抑えて西川のサヨナラ満塁弾への流れを作った。

 そして舞台を広島に移した第6戦。4番手として登板し、2回を無安打無失点と完璧なピッチング。さらに、中田の押し出し四球で5-4とリードした後の八回二死満塁の場面で打席に立つと、広島・ジャクソンから中前適時打を放ち貴重な追加点を挙げた。

 バースは今シリーズで6戦中5戦に登板。さらに3勝を挙げるヒーローに。シリーズMVPは同僚のレアードに譲ったものの、優秀選手に選出された。日本ハムで最も“神ってる”選手だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ