柔道五輪連覇の王者に少女暴行疑惑

 柔道男子86キロ級で1984年ロサンゼルス、88年ソウル両五輪を連覇したオーストリアのペーター・ザイゼンバッハ氏(56)が指導していた10代前半の女子選手に性的暴行を加えた疑いで告発されたことが5日、分かった。

 検察当局によると、99年から2004年の間に2人の女子選手を暴行した疑いがあるという。ザイゼンバッハ氏はアゼルバイジャンの代表監督で、リオデジャネイロ五輪にも参加した。(AP)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ