GK川島が復帰、永木初招集…ハリルJ、イラク&豪州戦のメンバー26人を発表

 日本サッカー協会は29日、10月6日の2018年ロシアW杯アジア最終予選第3戦・イラク戦(埼玉)と、11日の第4戦・豪州戦(メルボルン)に臨む日本代表メンバー26人を発表した。

 GKでは、フランス1部リーグのメス所属の川島永嗣(33)がA代表に復帰。J1鹿島のMF永木亮太(28)は初招集となった。

 6大会連続のW杯出場権を目指す日本は、現在1勝1敗の勝ち点3。豪州、サウジアラビアに次いでB組3位につけている。

 代表メンバーは以下のとおり。

GK:西川周作(浦和)、東口順昭(G大阪)、川島永嗣(メッス)

DF:酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、長友佑都(インテル・ミラノ)、太田宏介(フィテッセ)、吉田麻也(サウサンプトン)、槙野智章(浦和)、森重真人(FC東京)、丸山祐市(FC東京)、植田直通(鹿島)

MF:長谷部誠(フランクフルト)、山口蛍(C大阪)、柏木陽介(浦和)、永木亮太(鹿島)、香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(セビリア)、大島僚太(川崎)

FW:本田圭佑(ACミラン)、小林悠(川崎)、宇佐美貴史(アウクスブルク)、原口元気(ヘルタ)、岡崎慎司(レスター)、武藤嘉紀(マインツ)、浅野拓磨(シュトゥットガルト)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ