吉田に勝利のマルーリス「サオリは私のヒーローだった」 レスリング/リオ五輪

 リオデジャネイロ五輪第14日(18日=日本時間19日、カリオカアリーナ)レスリング女子53キロ級の決勝で吉田沙保里(33)に勝利し、レスリング女子で米国に初の金メダルをもたらしたヘレン・マルーリス(24)は、表彰台で「これをずっと夢に見てきた」と顔を覆って感涙にむせんだ。

 「サオリと試合をすることを長年夢に見てきた。彼女と戦う準備をずっと続けてきた。彼女は私のヒーロー。彼女は最もたたえられているレスラーで、彼女と試合をできたのは本当に名誉なことだった」とマルーリスは泣き笑いの表情を見せた。

 吉田とは過去2度対戦し、ともにフォール負けで完敗。この4年間は対戦がなかったが、昨年の世界選手権では、五輪で実施されない55キロ級で優勝。この大会の53キロ級を制した吉田との対決を待ち望んでいた。

 米メディアは快挙を速報。18日付ワシントン・ポスト紙(電子版)は「マルーリスが日本の“伝説”を破り、米国女子レスリング史上初の金メダル」の見出しで報じた。米3大ネットワークの1つ、CBSのスポーツ専門サイトは「リオ大会を通じて最大のショックの1つ」と表現し、英BBC放送は「女子レスリングで最大の番狂わせの1つ」と伝えた。

 米国の女子レスリングは、2004年アテネ五輪の63キロ級決勝で伊調馨に敗れたサラ・マクマンの銀メダルが、これまでの最高成績だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ