「銀」で号泣の吉田沙保里、「ごめんなさい」繰り返す レスリング/リオ五輪

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子53キロ級で銀メダルを獲得した吉田沙保里は試合後、「日本選手の主将として、金メダル取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」と語った。一問一答は次の通り。

 --すばらしい試合でした。今の気持ちを振り返ってください

 「たくさんの方に応援していただいたのに、銀メダルで終わってしまって申し訳ないです」

 --そんなことないですよ。素晴らしい戦いでした

 「日本選手の主将として、金メダル取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」

 --決勝戦、非常に厳しい戦いでしたが、あえて敗因を挙げるならどのあたりでしょうか

 「自分のやっぱり気持ちが、最後は勝てるだろうと思ってたんですけど、取り返しのつかないことになってしまって…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ