伊調馨、天国の母に捧ぐ4連覇の金メダル「こんなにも天井を見上げた五輪はない」/リオ五輪

 「五輪は難しい」。女子初の4連覇をたぐり寄せたとき、時計の針は試合終了までほとんど残っていなかった。

 女子58キロ級の決勝。絶対女王が苦しんだ。

 伊調は1点リードを許して第1ピリオドを折り返すと、第2ピリオドも攻め手に欠いた。万事休すかと思われた終盤、相手がタックルを仕掛けた。「ここがラストチャンス」としのぎ切り、懸命にバックに回りこんで決勝点をもぎ取った。

 天国に捧げる金メダルと心に決めていた。

 2014年11月。予定していた練習をキャンセルして飛び乗った新幹線の中で悲報を聞いた。最愛の母、トシさんが自宅で倒れて急逝。「もう手術もできないらしい」。姉、千春さんからの電話は無情なものだった。

 青森県の自宅へ戻るとトシさんの遺体に長い時間、寄り添った。3きょうだいの末っ子は、泣きっぱなしだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ