【魅惑アスリート】「セルビアの天使」遂に人妻に 美女テニス選手、イバノビッチ魅せる肢体…

 女子テニス界でマリア・シャラポワと並び称される美女プレーヤーが最近、結婚式を挙げ、「WAGs」(サッカー選手などの妻や恋人を指す)入りを果たした。

 2014年秋にサッカーのドイツ代表主将、バスティアン・シュバインシュタイガー(31、マンチェスター・ユナイテッド)との交際が公になっていた美人テニス選手、アナ・イバノビッチ(28、セルビア)。テニスのインターネットサイトには、2人がニューヨークの街中で手を握り歩く姿や、ミュンヘンの街頭でキスをしている姿などが目撃されてきたなどと紹介している。

 5歳の時、同じセルビア出身のモニカ・セレシュに強い感銘を受けて、テニスを始めたイバノビッチ。20歳だった2008年に全仏オープンでグランドスラムに初優勝し、世界ランク1位になった実績を持つ。「セルビアの天使」と称される愛らしいルックスも手伝って、一躍スターダムにのし上がった。オフコートではモデルを務め、ファッション誌の表紙を飾るだけでなく、米誌スポーツ・イラストレイテッドでは刺激的な水着姿を披露している。

 04年からドイツ代表に名をとどろかせるシュバインシュタイガー。14年ブラジルW杯ではメンバーとしてドイツを優勝に導いた。

 確かに美男美女。スポーツ界でも実績を誇る2人だけに結婚はいつかとゴシップ・メディアの格好のターゲットになってきた。

 ひょんなことから2人の結婚がバレル事態になった。今年の全豪オープンで自身初のグランドスラム制覇を果たし、イバノビッチの親友でもあるアンゲリク・ケルバー(28)がドイツ週刊誌で2人から優勝の祝福メッセージを送られたことを明かしたうえで「とてもお似合いで、2人の結婚式が待ち遠しい」と語ってしまったというのだ。同誌は15年7月に2人が密かに婚約したのではないかと報じていた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ