高梨、5連勝で通算36勝目 第7戦 W杯ジャンプ女子

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会最終日は23日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(HS106メートル、K点95メートル)で個人第7戦が行われ、高梨沙羅(クラレ)が合計241・3点で制して5連勝とし、今季6勝目、通算36勝目を挙げた。1回目に94・5メートルで首位に立ち、2回目は最長不倒の100メートルを飛んだ。

 2位に238・7点でマヤ・ブティッチが続き、3位はエマ・クリネツ(ともにスロベニア)。勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)が96メートル、95メートルの228・2点でW杯自己最高の5位に入った。

 伊藤有希(土屋ホーム)は7位、岩渕香里(松本大)は14位だった。竹田歩佳(デンソー北海道)は上位30人による2回目に進めず33位。丸山純(東海大)は予選落ちした。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧