舞の海氏「横綱相撲を捨ててでもの思いだろう」 白鵬の猫だましに

 大相撲九州場所10日目の17日、横綱白鵬が関脇栃煌山に対して奇策の猫だましを2度仕掛けたことについて、現役時代に数回用いた舞の海秀平氏(元小結)が産経新聞の取材に応じ、「白鵬にとって栃煌山は好きな相手じゃない。押し込めないのを嫌がって考えた策ではないか」との見方を示した。

 また術中にはまった栃煌山には「相手をよく見て立てば、猫だましは食わない。(外国出身力士は)日本人が子供の頃から相撲はこうだと思っている感覚とは違う。もっと想像力を働かせないといけない」と奮起を促した。

 小兵だった舞の海氏はなかなか勝てない大柄力士対策として猫だましを使った。体格に恵まれる白鵬が繰り出したことには「ファンは消化不良というか、納得しないところはあると思う。がっちり挑戦者を受け止めるのが横綱。横綱相撲をかなぐり捨ててでも今日の一番に勝ちたいと思ったのだろう」と語った。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧