ハリル監督が強烈“ダメ出し” 宇佐美名指しで「たくさんのこと変えないと」

 J1、J2の40クラブの社長が参加して行うJリーグの合同実行委員会が14日、東京・文京区のJFAハウスで行われ、ゲストとして招かれた日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(62)がJリーグに対して強烈な“ダメ出し”を行った。

 ハリルホジッチ監督は報道陣にも公開された会の冒頭、「ちょうど1カ月前に就任した。日本代表のレベルアップのために来た」と切り出すと、約30分間に渡ってノンストップで話し続け、Jリーグについては「球際の強さを向上しないといけない。日本には球際が強い人がいない」「(相手守備陣の)背後へのパスが少ない。足元へのパスを求めすぎている」「横パスやバックパスが多い」などと指摘した。

 また、次代のエースとして期待がかかるG大阪の日本代表FW宇佐美貴史(22)に対してはただ1人、個人名を挙げてレベルアップを要求。指揮官は「何人かの選手はまだ(自身が求めるサッカーに)適応できていない。それらの選手に厳しい要求をしていきたい。例えば、1人いますね。宇佐美です」と話すと、「彼にはかなり期待をしています。でも彼はたくさんのことを変えないといけない」と厳しい口調で言い切った。

 Jリーグの村井満チェアマン(55)によると、現役の日本代表監督が実行委員会に参加するのは初めて。ハリルホジッチ監督のスピーチの後には、非公開で質疑応答が行われた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧