創価大、たすきの色はバルサ?「まねしてない」:イザ!

2014.12.11 14:24

創価大、たすきの色はバルサ?「まねしてない」

 来年1月2、3日に行われる第91回東京箱根間往復大学駅伝競走(往路107・5キロ、復路109・6キロ)に初出場する創価大の壮行会が11日、東京・八王子市内のキャンパスで開かれ、約450人が駆けつけた。

 3年生ながら主将を任された山口修平は、「予想以上の人に集まってもらった。期待してもらって身が引き締まる」と気持ちを新たにした。たすきの色は、サッカー・スペインリーグの強豪バルセロナをほうふつとさせる赤と青。赤は情熱、青は冷静な判断力を表しているという。

 大学関係者は「有名なサッカークラブをまねしているわけではない」と説明すると、会場は笑いに包まれた。たすきを担う山口主将はサッカーにあまり興味がなく、「バルセロナといわれても、最初はわからなかった」と話していた。

関連まとめ